2006年02月08日

[外伝]エピソードY キンメダイの帰還

この物語は、アキレス星最高の指導者であり8年前に地球にて永眠された故・タピオカ星人元帥が生前書き記した自伝である。

 んちゃ!タピオカのお兄ちゃんだよ。いよいよアキレス期後期から今日までの話をしよう。

 意図せぬところからこのアキレス星にやってきて、そして即座に大統領の座に着いて約20年。妻も、私も、そして血のことだけを言えば二人の子どもたちも純粋な地球人ではある。しかし家の中での言葉はビフィズス語だし、何よりアキレス星の大統領一家だ。アキレス星民として生き、そして死んでいくつもりだった。地球のことなど思い出したことはなかった。

 この5年ほどだろうか、武力を付けること以外にも当然他星との平和的な貿易も推進してきた我がアキレス星には、あらゆる星の文化や食料が輸入されるようになってきた。サスペンダー星からは質のいい絨毯、チョコラングドシャ星からは車文化、ジェンバジェンバ星からはブタミントン・・・そのどれもが星民たちの渇いた心を癒し、彼らの生活を新たなステージへと導いていった。

 他星出身である私は大統領でありながら貿易担当大臣(貿担相)も兼任していた。ある日いつものようにアキレス星最大の貿易空港であるノリタツ・ラーハー空港へと行ってみると、たくさんのコンテナの中に見慣れた文字を見つけた。

 「EARTH, JPN」

 !!!

 私は複雑な気持ちだった。そういえば数日前にそんな書類に判を押したかもしれない。仕事に忙殺され書類の内容まで確認していなかったのだ。そうか・・・ついに地球とも対等に貿易を行える立場になったのか。そう考えると感慨深くもあり、しかし何か星民への忠誠心を裏切るような背徳感も感じずにはいられなかった。しかしやはり堪えきれなくなり、コンテナのもとへ走り去るや否やその一つを小脇に抱え込み家に持ち帰った(注・地球人である私は重力の関係でアキレス星民より力強く、当然星民がフォークリフト等で持ち上げているコンテナも片手で持ち運べるほど軽い。ただしこの場合中身が地球のものである点には目をつぶることとする)。

 家に帰ってコンテナと対峙した私は、緊張で震える両手ではやる気持ちを抑えつつその扉を開けた。それはまるで小さい頃にクリスマスプレゼントを開けるときのような、また魚の腹を包丁で切り開くときのような。あー、魚か・・・。最近食ってねえなあ。アキレス星にはないもんな。そんなことを考えながらコンテナを開けた瞬間。奇跡が起こった。

 「魚や!魚の宝石箱やー!」

 私が彦麻呂になってしまったのも無理はない。日本から初めてこの星に来たコンテナの中には、私が偶然にも魚に想いを馳せながら開けたコンテナの中には。山のような数のキンメダイが積み込まれていたのだ。これで何十年ぶりかに日本の味が味わえる。

 そうだ、地球行こ。ついでに征服しよ。魚食いたいし。

追記

こうしてタピオカ星人様他ご一行は地球へと旅立った。しかしそんな軽薄な理由からか、くしくも魚の名を冠したヒーロー「魚戦隊サバレンジャー」に死闘の末倒されることとなった。しかし私たちは決して忘れない、タピオカ星人さまを、そして彼が残してくれたものを。そしてここに誓おう、この無念は絶対に私たちが晴らすことを。
アキレス星民一同
posted by Flyers at 19:29| Comment(0) | TrackBack(0) | タピオカ星人自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

第3話 決断

 お父さん、お母さん。元気に過ごしていますか。
お父さん、お酒飲みすぎていませんか。お母さん、腰は大丈夫ですか。 
僕が家を出たのが10歳のときだから、5年ぶりかな。
僕は15歳になりました。30センチくらい伸びました。顔が。
僕は今、地球にはいません。アキレス星という小さな星でバッファロー・タピオカーン様のもとに仕えています。そう、お父さんが8年前に倒したタピオカ星人の住んでいた星です。
僕は地球人が憎かった。また、そんな地球人を見ながらお酒にはしるお父さんも見たくなかった。
だから地球を出たんです。憎き地球人をタピオカーン様と共に滅ぼしてやろうとね。
そして、この前地球総攻撃の日程が決まりました。出発は3年後の文化の日です。
ほんとは嬉しいはずなのに、なんだかとても辛い。こんなに地球が憎いのに、出発が決まってから毎日のように地球での楽しい思い出が蘇るんです。お父さん、お母さん、ブルーおじさん。みんなと笑って過ごした毎日が今になって愛しくなっています。
お父さん。地球を守って。
言っていることとやっていることが矛盾しているけど、どうか許してください。最後まで本当にわがままな息子でごめんなさい。   愚息、川島ブッキング。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 男は川島からの手紙を神妙な面持ちで読んだ。そして、しばらく黙り込んでいた。

「あなた、川島生きてたんだね。」
「・・・・あ、ああ。」
「でも、大変なことになったわね。まさか、川島があのアキレス星にいるなんて。」
「あの馬鹿野郎!何やってんだ!」
「そんなこと言ってる場合じゃないわよ。あなたどうするの?3年後にタピオカーンとかいう化け物がやってくるんでしょ。」
「はー、関係ないね!!地球人がどうなろうと俺の知ったこっちゃない!」
「まだそんなこと言ってるの!?確かにあなたが地球人を憎む気持ちはわかるけど。でも、あなたが守らなかったら誰が地球を救うのよ。あなたはサバレンジャーのリーダー、イカレッドでしょ!?」
「もうこりごりなんだよ!あんな思いをするのは!」

 イカレッドは持っていた手紙を握りつぶし、壁に投げつけた。その目には大粒の涙が光っていた。

「あなた。地球を守ってください。そしたら、また家族3人で暮らせるのよ。またみんなでワイワイ暮らしましょうよ。あなたの好きなイカの塩辛、川島にも作ってあげたいのよ。あの子、もう15歳になったんですって。塩辛も食べれるようになったはずだわ。」
「・・・・・。」
「あなた!」

 イカレッドは無言で遠くを見ていた。そして、つぶやいた。

「・・ブルーは。ウミヘビブルーは確かマダガスカルに修行に行ってたよな。連絡先わかるか?」
「あ、あなた。守ってくれるのね!確かブルーさんはもう帰ってきてるはずよ。今、ブルーさんのポケベルにメッセージ入れてみるわ。」

 田中はクシャクシャで少し黄ばんだポケベルのメッセージ表を取り出し、メッセージを打ち込み始めた。
 

 
posted by Flyers at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | サバレンジャーforever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月07日

[外伝]エピソードX 定刻の逆襲

この物語は、アキレス星最高の指導者であり8年前に地球にて永眠された故・タピオカ星人元帥が生前書き記した自伝である。

 ジェーンは夫の賭け事好きにうんざりしてこう聞いた。
 
 「あなた!また賭け事やってるんじゃないの!?」
 
 すると夫はこう言ったんだ。
 
 「やってないよジェーン、嘘だと思ったら僕が賭け事をやめたかどうか賭けるかい?」
 ってね。

 こんにちは、タピオカ星人です。考えるところがあってアメリカンジョークでつかみを狙ってみたがいかがだっただろうか。前回の続きを話そうと思う。

 私が官邸に着くと、あいにく大統領は留守だった。なんでも彼はとても几帳面な人間で、会うためにはアポを取る必要があるらしい。私は翌日に面会の約束を入れ、家路を急いだ。

 明くる日は私の人生において最も重要な日となったことを記さなければならない。結論から言えば、大統領に会い、彼を瀕死の状態に追い込んだ上で私がこの星の政治(星治という)の実権を握ることを全星民に向けて発表したのである。瀕死の状態と言うと聞こえは悪いが、アキレス星で生まれた人種は死ぬ瞬間以外痛みを感じないので特に問題はない。さらになぜ私がこんなにも簡単に大統領を傷付けることができたかと言えば、まずこの星の大統領は元来世襲制であったため争いを経験していなかったという点が挙げられる。さらにはこの星と地球とでは重力に差があるため、相対的に彼らは地球人より弱いのだ。このような都合のいい設定にできるのも小説のいいところである。

 私はアキレス星を支配することとなった。しかしここからが悪夢の始まりであった。次の日から前大統領が再三に渡って復権への攻勢を仕掛けてきたのである。

 1日目、朝4時。

 トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・。

 早朝の爽やかな空気を引き裂く爆音で我が家の電話が鳴り響いた。

 「・・・はい、タピオカですが」
 「おう、奥さんか。命が惜しければあまり一人で出歩かないほうがいいぜ」

 ガチャ、ツー、ツー・・・。

 逆襲開始の宣言は明白だった。しかし同じく地球人である妻クリープも一般的なアキレス星人と比べれば異次元の強さであったため、その日もガッツリ一人で出かけて行ったのが我が妻ながら心強いところである。

 2日目、朝4時。

 トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・。

 「はい、タピオカでございます」
 「奥さん、昨日は見逃してやったが・・・。今日同じようなマネをしてみろ、命はないぜ」

 ガチャ、ツー、ツー・・・。

 前大統領とはいえ、地球人の強さに腰が引けて手が出せないのはわかりきっていた。その日も妻は公共交通機関で爆睡するという無防備さで出かけていった。

 3日目、朝4時。

 トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・。

 「はい、タピオカです」
 「奥さん、バスの中で寝ると乗り過ごすぜ」

 ガチャ、ツー、ツー・・・。

 怖さのあまりか脅しが脅しではなくなっていた。妻はヨガ教室に出かけた。

 4日目、朝4時。

 トゥルルルル・・・トゥルルルル・・・。

 「おはようございます、大統領」
 「えっ、あ、おっ、おはようございます」

 ガチャ、ツー、ツー・・・。

 毎日定刻に電話をかけてくることもそうであったが、挨拶をすると挨拶を仕返してくるところはやはり律儀であった。この奇襲挨拶作戦にて前大統領の逆襲はピリオドを打った。かくして前大統領との問題も解決し、また連綿と続く世襲制の大統領一家に一般星民も愛想を尽かしていたという事情もあってタピオカ新大統領は急速に受け入れられていった。

 その後のアキレス生活は好調である。それまでの内向的な星府運営の方向を一転し、武力を付けることを志してそれも順調に育っていった。また私生活では子宝にも恵まれた。長男をミルクティーと名付けタピオカミルクティーとかけた。さらに長女のときは調子に乗ってコーヒーと名付け妻のクリープとセットにした。幸せだった・・・ほんまに幸せじゃった。あの事件で地球行きを決心するまでは・・・。
posted by Flyers at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | タピオカ星人自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月06日

第2話 迷い

 部屋に戻った川島はベッドに横たわり、ぼんやりと上を見上げていた。川島は迷っていた。いよいよ憎むべき地球人を滅ぼすことができることの喜びに浸りながら、どこかで地球にいる両親のことが気になっていた。
 
「僕は何を迷っているんだ!僕は地球人を滅ぼすためにこのアキレス星にやってきたんじゃないか。ようやく願いがかなうんだぞ!嬉しいことじゃないか!あははは!!」

 川島は内に秘めた複雑な感情をかき消すように無理やり笑った。するとその時、何者かが部屋のドアをノックした。

「誰だ!?」
「・・・わしじゃあ。川島、開けてくれんかのお。」
「なんだ。監督ですか。鍵はかかってないですよ。」
 
監督と呼ばれる男はそっとドアを開け、部屋の中に入ってきた。

「なーにしとる。浮かん顔して。おなごにでもふられたか。」
「・・いえ、何でもありません。それより、何か?」
「まあな。ちょっとした噂を耳にしたんじゃ。なにやら、タピオカーン様は今度地球を攻めるそうじゃないか。地球といえば、お前の故郷じゃったよなあ?」
「・・え、ええ。確かに私は地球で生まれました。しかし、もう縁は切れております。それどころか、地球人に対しては憎しみしか持っておりません。言いたいことはそれだけですか?でしたら帰っていただきたいのですが。少し1人になりたいので。」

 川島はドアを開け、監督を部屋から出るように促した。

「川島。迷っておるんじゃろ。わしにはわかる。わしはお前が5年前、泣きながらこの星にやってきてから教育係として1番近くにいたんじゃ。お前の気持ちは手に取るようにわかる。」
「な、何を言うんですか。さ!早く帰ってください!」
「まあ、落ち着け川島。憎んでいるといえど、自分の生まれた星じゃ。両親や友達も住んでおる。そんな地球への総攻撃が決まった今、捨てたと思っていたたくさんの思い出が戻ってきたじゃろ。無理もない。お前はまだ15歳じゃ。悪者にはなりきれんよ。」
「何が言いたいんですか!!これ以上変なこと言うと、いくら監督でも許しませんよ!」
「ふふふ。もう何も言わん。よーく考えることじゃな、川島。本当に大切なのは何なのかをな」

 そう言い残すと監督は部屋を出て行った。

「ちくしょー!僕はどうすればいいんだ!うおおおお!!」

 川島は泣いた。一晩中泣き続けた。

 そして翌朝。
 
 川島は手にペンを持ち、手紙を書いていた。その宛て先は・・・。


 
posted by Flyers at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | サバレンジャーforever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[外伝]エピソードW 新たなる希望

この物語は、アキレス星最高の指導者であり8年前に地球にて永眠された故・タピオカ星人元帥が生前書き記した自伝である。

 私は決意した。我が故郷である地球を侵略し、征服することを。厳しい戦いになるだろう。ひょっとしたら二度とこのアキレス星に帰って来ることはできないかもしれない。それでも私は行く。カーリングマンややせの大食いマンなど素晴らしい右腕たちが大きな支えとなってくれている。しかし万一の場合に備え、この自伝を書き自らの波乱に満ちた人生をこの星の人々に残すこととした。この自伝は後世語り継がれ、またミリオンセラーになることであろう。80部ぐらいは売れるだろう。

 この物語をお読みの諸君に、はじめに謝っておかなければならない。この自伝は全部で6つのエピソードで構成されており、大きく二つに分けてTからVまでを「地球期」、WからYまでを「アキレス期」とする。しかし地球期時代の様々な出来事を思い出すにはいささか年を取りすぎてしまった。大至急アキレステレビ(ATV)の地球支局から資料を取り寄せてはいるが、いかんせん時間もない。そこで記憶のしっかりしているアキレス期から書き始めることとする。これによりエピソードの展開はW→X→Yと行ったあとTに戻りU、Vで完結する順番となっている。この過去に例のない構成には慣れるまで時間がかかるかもしれないが、我ながら斬新だと自負している。これで85部ぐらいは売れるだろう。

 こんにちは、タピオカ星人です。さて、アキレス期序盤の話をしようと思う。私はとある理由で地球からやって来たのだが、はじめはとにかく言葉の問題に戸惑っていた。そもそもこの星に来たのも本望ではなかったため毎日ふさぎ込んでしまい、部屋で電気もつけずに膝を抱え涙にくれていた。

 来アして1ヶ月ほど経った頃だろうか。来アしたことを後悔し始め、帰国しようかな、でも来アしたからにはこの星で暮らして行こう、いや帰国したら楽だろうな・・・。「在ア」か「帰国」か。私の頭の中では天使と悪魔が朝まで生討論を始め、また喫茶店では奥さま方がどちらがおごるかで譲り合っていた。しかしそんな悶々とした日々も、ある人の登場によって一変したのだった。

 「スジャータァ、スジャータァ〜」

 私は耳を疑った。地球で慣れ親しんだスジャータのCMソングが家の外から聞こえてくるではないか。小鳥のさえずりと聞き違えるほどの美しいその声。私は表へ飛び出した。そのとき私の目に飛び込んできたのは、スジャータのように白い肌のうら若きティーンネイジャーだった。まさに褐色の恋人である。

 「あのう、すいません」
 「はい?何か」
 「一つ質問させてください。練っておいしいのは?」
 「ね、ねるねるねるね?」
 「やっぱり地球人だ、それも日本!しかもCM好きと見た」
 「じゃああなたも!?」
 「ええ、日本から来ましたタピオカ星人と申します」
 「私は高橋クリープ。よろしくね」
 (クリープなのにスジャータの歌を歌っていたのか・・・)

 その瞬間から、私たち二人の薔薇色に塗られた時計の針は動き出した。新たなる希望。お互いCM好きという共通点もあり、すぐに意気投合した。私は生涯の伴侶を手に入れ、ビフィズス語(注・アキレス星の公用語である)の腕もめきめき上達し始めた。リサ・ステッグマイヤーの日本語と比べても、どちらかといえば私の方が上手いと思う。6:4で私の方が上手いと思う。ちなみにリサ・ステッグマイヤーの本名は梨沙子・ステッグマイヤーである。最近ではトライアスロンなどにも挑戦し、今後の活躍が益々期待される。

 話を元に戻そう。家族が増え、語学を身につけた私は働くことを考えた。しかし日本で旅行代理店のいち営業マンだった私には手に職がない。さらに一周15kmと狭いアキレス星には旅行という文化がなく、代理店業もなかった。この星で私は何ができるだろう。

 そうだ、どうせならこの星で一番になってやろう。その足で私は大統領の元へ向かった。
posted by Flyers at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タピオカ星人自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

第1話 1枚の手紙

そのころ地球のとある小さな村では・・。

「ニュースをお伝えします。今日午後、○○県××市のスーパーヒラオカの店内で店員に殴りかかったとして、プッシュ小林容疑者を現行犯逮捕しました。」

「・・また事件か。なあ、田中。一体どうなっちまったんだろうなあ。こんなことなら、あの時地球が滅んでしまえばよかったんだ。俺はこんな奴らのために命がけで戦ったのかと思うと、ほんとに情けなくなるぜ。」
 
 1人の男が黒い涙を流しながら、過去を思い出すように上を見上げた。

「あなた。それはもう言わないはずでしょう。そんなことばかり言って働きもしないから、息子の川島だって出て行ったんじゃない。」

 田中はうんざりした様子でつぶやいた。

「わかってるよ。でも、俺は地球の平和と引き換えに親友を3人も失ったんだ。なのに、地球人ときたら平和が戻った途端に調子に乗りやがって。誰のおかげなのかわかってんのかよ。」

「あなた!もういい加減にして!」
「じゃあ、このまま黙ってろっていうのか!俺は何のために親友を3人失ってまで戦ったんだ!?あいつらもこの状態をみたら、きっと悲しむはずだ!ちくしょー!あのプッシュ小林とかいうふざけた名前の奴!ぶっ殺してやる!!」

 男は飲み干したブリックの容器を握り潰し、玄関へと向かおうとした。

「ちょっと待ちなさいよ!あなたは確かに強いわ。平凡な地球人なら一瞬で殺せるでしょう。でも、それに何の意味があるの!?自暴自棄にならないで!」
「田中、もう何も言うな。俺と関わる奴はみんな不幸になる。あの3人、息子の川島、そして妻であるお前。俺は誰ひとりとして幸せにしてやれなかった。もう生きてる意味なんてないんだよ。このまま捕まって死刑にしてくれればいいんだ。そしたら、先に死んでいった3人にも会えるしな。まあ、俺は地獄行きだろうが。」

 ビタッッ!!!

 田中は男の頬を激しくたたいた。

「何すんだコノヤロー!!」
「勝手なこと言わないでよ!あなたが死んだら私はどうすればいいの!?川島だってもういないし、私一人ぼっちじゃない!あなた変わったよ。初めてあった頃はこんなんじゃなかったわ!」
「ふふ。時間が経てば誰だって変わるさ。じゃ、行ってくる。ニュースしっかり見ておけよ。俺が出るかもしれないから。」
「あ、あなた!!」
 
 ピンポーン。

 男が玄関のドアを開けようとした時、ちょうどインターフォンが鳴り、手紙が届いたようだった。

「ん?手紙なんて珍しいな。一体誰からだ?」

 男はめんどくさそうにビリビリと封筒を破り、中の手紙を取り出した。

「おっ、おい!!田中!!ちょっと来い!」
「何よ。いきなり。」
「ちょっと、この手紙の差出人見てみろ。」
「はいはい。・・・・カワシマ??川島??まっまさか、あなた。」
「あいつだよ。5年前に出て行った俺たちの息子だよ。生きてやがったかあ!」

 2人は行方不明であった息子の川島が生きていたことの喜びを互いに分かち合った。その手紙の恐るべき内容を知らずに・・・。
posted by Flyers at 13:41| Comment(4) | TrackBack(0) | サバレンジャーforever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月04日

プロローグ〜それから〜

 今からちょうど8年前、全宇宙の支配者となるべくタピオカ星人がアキレス星から地球にやってきた。その地球最大の危機を救ったのは、そう・・・魚戦隊サバレンジャーだったのだ。しかしサバレンジャーはその壮絶な戦いで仲間を三人失った。残された二人はその悲しみから、地球の平和を心から受け入れることができず、むしろ平和が当然のように過ごしている地球人たちに怒りすら覚える日々を過ごしていた。

 そして今・・・。

 当時タピオカ星人の家の隣に住んでいた酒屋の親父、バッファロー・タピオカーンは、親友であるタピオカ星人の死を聞き、密かに地球侵略を企んでいた。

「ウェッヘッヘッヘッへッヘ・・・。冗談じゃないですタイ。あのタピオカ星人が地球の雑魚どもにやられちまうとはタイ。許せんタイ!今度はワシが・・・このワシが!地球を滅ぼしてくれるわタイ!おい、ちょっと来い川島!」

 タピオカーンはタピオカ少年隊の一人である川島を呼んだ。

「何ですか?タピオカーン様」
「お前、確か地球で育ったんだよなタイ?」
「はい、そうですけど・・・」
「じゃあ、なんでお前は地球を捨ててこんな悪の星であるアキレス星にやってきたのだタイ?」
「はい、私は地球人が許せないんです。平和なのをいいことに、窃盗、暴力、殺人・・・そしてノーヘル。様々な悪事を平気な顔でするんです!そんな地球人のことが憎いんです!!だって、地球の平和は、昔私の父が・・・」
「ん、今なんと言ったタイ?」
「いえ、何でもありません!忘れてください」
「うーん、まあいいだろうタイ。とにかく、お前と一緒にその憎い地球を滅ぼそうと思うタイ。川島、今すぐ地球を攻める準備タイ!出発は3年後の文化の日!ちゃんと寝ておけタイ」
「さ、3年後ですか!?・・いや、は、はい!」

 川島は足早に自分の部屋へと戻って行った。
posted by Flyers at 20:33| Comment(3) | TrackBack(0) | サバレンジャーforever | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。