2006年02月12日

[外伝]エピソードV ミスの復習

この物語は、アキレス星最高の指導者であり8年前に地球にて永眠された故・タピオカ星人元帥が生前書き記した自伝である。

 おまえん家、天井低くない?
 おまえん家、天井低くない?

 こんにちは、タピオカ星人です。この自伝はこの章で終わるけど、元祖あるある芸人はふかわりょうだってこと、忘れるなよ。

 クーロンを訪れた衝撃とそのときの代理店社員の対応の良さから旅行代理店を志した私であったが、ここでも即行動派の私としては帰国後すぐに某旅行代理店の門を叩いた。高校卒業まで1年余り残ってはいたが、それまでの期間アルバイトという形で籍を置くことによって少しでも早く会社に慣れ、上司のポイントを稼ごうという現実的かつ姑息な手段を取ろうとしたのだ。

 「たのもー!御社に入社したいアル!」香港帰りを引きずってはいたが、どうやらその熱意は伝わったようだった。

 翌日から私はがむしゃらに働いた。旅の素晴らしさを多くの人に伝えるため、そして日本一の営業マンになるため。小さい店だったがそれだけにやりがいもあった。毎日が矢のように過ぎていった。

 高校を卒業し正社員として就職してから2年が過ぎた頃だった。それは突然やってきた。朝いつものように出勤すると、普段は事務の綾ちゃんが一足早く開いているはずのシャッターが締まったままになっていた。そして灰色のシャッターの中に一際目立つ白い紙が貼られているのが目に入った。何やら胸騒ぎがして近付いてみると、目に飛び込んできたのは驚くべき内容の文字たちであった。

 「倒産に伴う閉店のお知らせ」        

 そんなことがあってたまるか。確かに売り上げは冴えなかったかもしれない。しかしみんなで力を合わせてやってきたじゃないか。社長も、家族同然の私たち社員に何も告げずに店を閉めてしまうなんて・・・。どれくらい立ち尽くしていただろう。呆然と張り紙を眺めているうちに、たまたま遅刻した綾ちゃんやほかの同僚も続々と出社し、そして判で押したように落胆していった。そんな重い空気の中、ふと誰かが口を開いた。

 「僕たちで新しい会社を作ろう!新しい旅行文化を創ろう!」

 それからの行動は早かった。このときばかりは私の代名詞である「思い立ったが吉日」が全員に伝染していたのだと思う。私たちは新会社「JTV」を立ち上げ、軌道に乗せるため力を尽くした。

 しかし口コミや評判がモノを言う旅行代理店業界は、新会社には風当たりが強かった。私たちは何か目玉商品となるツアーを考えなければならなかった。そのとき私の脳裏を駆け巡ったのは、2年前のあの「香港19,800円」のチラシ、そして当時から約10年前にアポロ11号が成し遂げた月面着陸のシーンだった。月に誰もが気軽に行くことができたらどんなに素晴らしいだろうか。それこそが新しい旅行文化の創造に他ならないではないか。

 翌日、ワイドショーから経済紙まで日本全国を駆け巡ったのは「月19,800円」の文字だった。いける、これはいける・・・。

 大変なのはそこからだというのは想像に難くない。NASAやソ連、月島までを走り回った。そして1978年の秋、ちょうど中秋の名月の頃だったのは出来杉英才であるが、月へ向かった我々のシャトルは無事打ち上げられることとなった。

 1000m、5000m、10000m・・・。相模原が、日本が、地球がどんどん小さくなる。大気圏を突破し安定飛行に切り替わった瞬間、悲劇は起きた。

 「ま、窓の外を見ろ!」叫んだのは男だったか女だったか、それすら今は思い出せない。

 窓の外には、宇宙服も身に付けずに暗黒を浮遊している人種たちがいた。しかし何やらこっちを見て武器のような物を構えているようだ。このままでは危ない・・・。話し合いの末、一行を代表して旅行代理店の私が彼らとの折衝に当たることとなった。私は宇宙服を身に纏い外へ出た。

 「えーっと・・・日本語話せますか?」
 「スコシダケ話セルアル」

 インターナショナルというよりインタースターだろうか。日本語が話せることにも驚かされたが、「〜アル」言葉は彼ら発祥なのかもしれないということに度肝を抜かれた。

 「あー、あなたたちは誰ですか?」
 「・・・」やはり単語力には難があるらしい。しかし英語も話せるようで、今度は私が質問を受けた。

 「Where are you from? ドコカラ来マシタカ?」
 「オー、アースアース!」
 「Achiles? Realy? We are from Achiles, too. Let's go back together!」
 「オー、センキューセンキュー」

 そう言うや否や、私は近くの星に停泊していた彼らの高速宇宙船に乗せられた。何が何だかわからないまま、それでもなんとか「アキレス」というところに向かっているらしいことは理解できた。と同時に、もう地球には帰れないことを悟った。英語を勉強しておけばよかったとこのときほど思ったことはない。

 船内での話も尽きようとしたころ、思い出したように彼らは質問をしてきた。

 「ナマエハ? What's your name?」これぐらいの英語なら私にもわかる。
 「旅岡清二。タビオカセイジ」
 「Oh, I heard "Seijin" means man from other star. So you are from Tapioca? Tapioca Seijin?」
 「イエス、イエス」

 自分の名前が聞こえたので適当に返事をしておいたのが仇となったらしい。旅岡清二と名乗ったのが、タピオカ星人と解釈されてしまったようだ。なぜ私がアキレス星に連れて行かれているのか、それはアキレス星から来たとさっき言った(いや本当は言ってないのだが)からであるはずなのに、もうタピオカ星人ということになってしまった。本当は地球人なのに。にんともかんとも。アースと言ったのにアキレスと受け取られ、旅岡清二はタピオカ星人になり・・・。この致命的なミスが、私の人生を決定付けたことは言うまでもない。小学校の通信簿に担任から「少し滑舌が悪いです」と毎回書かれていたのを今さらながら思い出した。

 ちなみにではあるが、あのとき私をアキレス星に連れてきたアキレス星人こそ、私の後継者と目されているのちのバッファロー・タピオカーンである。私のその後のアキレス星での活躍はエピソードWからYに記したとおりだ。

 あなたは何人(なにじん)か?今そう聞かれたら、私はこう答えるであろう。「それは自分の心が決めることだ」と。

 でも、何人でも、「まいっか!」
posted by Flyers at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | タピオカ星人自伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13158114

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。